家を建てる時、ローンは得か?

家を建てる時ローンを組んだ方が得か?

家を建てる時、「今は金利が安いから、ローンを組んだ方が得ですよ。」と言われました。それは果たして本当なのでしょうか?

 

金利が安いか高いかは、ローンを借りる上では安い方が良いに決まっていますが、例え低金利ではあっても利息は発生しますので、キャッシュで買った方が得か、ローンが得かと言いますと、当たり前ですがキャッシュで買った方が得です。

 

仮に、3,000万円、金利1.5%、期間30年、元利均等返済の場合(ボーナス返済なし、金利の変動がなかったと仮定して)
毎月の元利返済金額は103,536円になります。これが30年(360回)ですから、
総返済額は、103,536円×360回=37,272,960円となりますよね。

 

差額の約727万円が利息です。金利が1.5%で変わらなかったと仮定してもこれですから、金利が上昇すれば、当然に返済額は増えます。どうですか?とても借りたほうが得とは思えませんよね。

 

住宅ローンを借りた場合、得する事と言えば、住宅借入金等特別控除がある事でしょう。⇒こちら、国税庁のホームページです。

 

ざっくり言えば、年末の住宅ローン残高の何パーセントかが、数年間に渡り、自分の納めた所得税の範囲内で戻ってくる、というものです。あえて何パーセントかが、数年に渡り、と言っているかと申しますと、購入した、あるいは建てたお家に住んだ年によって、条件が違うからです。

 

ちなみに、居住の用に供した年が平成26年4月1日から平成29年12月31日までの間なら、控除期間は10年で、各年の控除額は年末残高等×1%です。

 

広告

 

つまり、上記の3,000万円、金利1.5%、期間30年、元利均等返済の場合(ボーナス返済なし、金利の変動がなかったと仮定して)。
ローン控除の対象となる残高はあくまでも12月末時点となりますので若干は変わりますが、当初10年間はざっくりとこうなります。

返済額

利息

    元金

    残高

残高×1%

1

1,242,433

444,529

797,903

¥29,202,097

¥292,021

2

1,242,433

432,478

809,955

¥28,392,142

¥283,921

3

1,242,433

420,245

822,188

¥27,569,954

¥275,700

4

1,242,433

407,827

834,606

¥26,735,348

¥267,353

5

1,242,433

395,221

847,211

¥25,888,137

¥258,881

6

1,242,433

382,426

860,007

¥25,028,130

¥250,281

7

1,242,433

369,436

872,996

¥24,155,133

¥241,551

8

1,242,433

356,251

886,182

¥23,268,951

¥232,690

9

1,242,433

342,866

899,566

¥22,369,385

¥223,694

10

1,242,433

329,280

913,153

¥21,456,232

¥214,562

年末の残高の1%、つまり表の右の金額が、10年間、支払った所得税から戻ってきます。上限は40万円で、認定住宅の新築等に係る住宅借入金等の場合は上限50万円です。

 

上記の例で、控除額を合計しますと、おおよそ254万円ですので、支払う利息727万円には遠く及びません。大体、これでイメージがわいたのではないでしょうか?確かに、住宅借入金等特別控除は所得控除ではなくて税額控除なので、基本的には表の右側の金額が直接戻ってくるイメージですから、結構助かります。

 

住宅借入金等特別控除を受けるには、初年度は確定申告する事が必要で、次の年からは年末調整で済ます事ができます。初年度は指定した口座にお金が直接振り込まれてきますし、翌年からは年末調整をして清算します。また、控除を受けるには色々要件があります。年収の制限や、建物の広さなどの条件があります。また制度もころころ変わりますので、国税庁のホームページなどで確認をお願いします。

 

さて、最初の問いである、家を建てる時ローンを組んだ方が得か?についてですが、当然キャッシュで支払った方が特に決まっています。ただし、キャッシュが貯まるまで待っていられないのが実情ですよね。ですからローンを組むのは仕方がないとして、なるべく借入金額を少なくするのが賢明でしょうね。

 

広告

 

借換も、新築も、購入も!
一番有利な住宅ローンを探したい方は、複数の銀行の住宅ローンを比較できる、住宅ローン一括審査申込サービスがおすすめです。住宅本舗では、日本でも指折りの好条件を出しているネット銀行なども含め、適切な住宅ローンを紹介してくれます。


右をクリック【住宅本舗】の住宅ローン一括審査申込はこちら