住宅ローンの審査期間

住宅ローンの審査期間はどれくらいか?

住宅ローンの審査期間は一体どれくらいなのでしょうか?

 

住宅ローンを借りるのに、一般的な(大まかな)手順としては、

 

事前審査申込み⇒本審査申込み⇒契約書の取り交わし⇒実行

 

という感じなのですが、まずは事前審査からです。これも一般的な話ですが、事前審査の段階で、銀行がどのような審査をやるかと言いますと、個人信用情報の照会をして、他にどんな借金があるのか?とか、過去に延滞やクレジットでの事故がないか?などを調べます。また、対象となる不動産がどれくらいの担保価値があるか?とか、また借入する人の年収から、住宅ローンを返済していけるだけの能力があるか?などということです。

 

事前審査というと簡単な審査というイメージがあるかもしれませんが、事前審査でOKを出しておいて、本審査でひっくりかえすなんていう事は、よほどのことがない限りはできませんので、事前審査といえども銀行はしっかりやります。ですからそういった調査をして書類に落とし込み、銀行の支店で稟議をしてから保証会社なり本部へ書類を回してから、承諾か非承諾なのか返事するという流れですので、そこそこ時間はかかるものなのです。個人信用情報の照会も、照会の結果が帰ってくるまでに2日〜3日はかかりますので、今日の明日に返答というわけにもいかないのです。

 

イメージとしては、事前審査では書類の作成よりも早く返答をするために、形式よりもスピードを重視します。本審査は後から書類を正式に整える、というような感じです。

 

住宅ローンの事前審査を出したんだけど、銀行からちっとも返答が来ない、という場合、審査期間がだいたいどれくらいかを調べていらっしゃると思いますが、これは一概には何とも言えません。大体多いのは1週間〜2週間といったところではないでしょうか?ただし、待ってもちっとも返事が来ない場合は複数の金融機関へ申し込んだ方が良いでしょう。住宅ローン一括審査申込はこちら。住宅ローンは一回落ちてしまうと、また他の銀行でもう一回審査を受けなければならなく、また長い期間を待たなければいけません。その場合気に入った(借り押さえしていた等)家が買えなくなったりという事もあるかと思います。

 

住宅ローンの審査期間がどれくらいか、何で一概に言えないかと言いますと、銀行も忙しい時期になるとどうしても書類に取り掛かるのが遅くなったりとかしますし、支店からは早めに書類を出しても保証会社が案件が多くて立て込んだりする場合もあります。消費増税前のかけこみなんていう場合などですね。暇なときに比べて返答が遅くなる事もあるだろうという事は想像できるかと思います。

 

広告

 

私が銀行に勤めていた頃の話です。地元工務店さんから、「今度、こういう人がこういう家を建てるんですけど・・・・。」というような話をいただいて、住宅ローンの事前審査の申込書を工務店さん経由で預かる事があるのです。当然、一行だけに声をかけるわけではなくて、複数の金融機関に事前審査の申込書を提出します。何で複数行なのか?と言いますと、銀行によって条件が違うからです。例えば3千万円借りようと思った場合、3千万円満額で承諾となったり、2千万円までしか承諾にならなかったりとか、また借入希望額は満額だったとしても、例えばより金利が安い銀行に融資をつける事ができれば、それは工務店さんにとっては、お客さんへの良いアピールになるでしょう?工務店さんにとって、その後の交渉を有利に進められる材料になるわけなのです。個人で銀行に行くよりも工務店さん経由で申し込んだ方が、条件は有利になる事もあります。個人で銀行に行く場合は、「他の銀行にも相談しています。」と言った方が良いでしょう。

 

住宅ローンの審査期間は、工務店さん経由だと短いと思います。何故なら銀行が他と競合している場合、頑張って早く返答をしようと思うはずですし、また銀行によっては住宅ローンの専門部署が建築業者の対応をカバーしているので早く返答が出せる体制になっている事もあるからです。但し、工務店さんの中には一行しか銀行とつきあいがない、なんていう場合もありますのでそういう場合はあまり有利な条件は出て来ないと思います。ケースバイケースで何とも言えないところです。

 

広告

 

借換も、新築も、購入も!
一番有利な住宅ローンを探したい方は、複数の銀行の住宅ローンを比較できる、住宅ローン一括審査申込サービスがおすすめです。住宅本舗では、日本でも指折りの好条件を出しているネット銀行なども含め、適切な住宅ローンを紹介してくれます。


右をクリック【住宅本舗】の住宅ローン一括審査申込はこちら