住宅ローンの返済が困難な時

住宅ローンの返済が困難な時

住宅ローンの返済が困難な時はどうすれば良いでしょうか?

 

住宅ローンの返済が困難な時はどうすれば良いでしょうか?良くあるケースとしては、会社からボーナスが支給されなくなってボーナス分が返済できないなんてケースや、子供が大きくなってどうしても教育費がかさんでしまう事などが原因で家計の収支が赤字となり、返済が苦しくなるケースなどです。

 

対策としては、借換をする事で返済を見直したり、どうしても困った時は、銀行で返済方法の変更をお願いしたりする事が挙げられます。それでもどうしようもない場合は債務整理となりますが、順にお話していきます。

 

 

住宅ローンの返済が困難な時記事一覧

金融円滑化法が平成24年3月31日平成25年3月31日まで、1年間延長されました。今なら金融円滑化法により、住宅ローンの一定期間の返済猶予や、条件変更を受けやすくなっています。それについてはモラトリアムと住宅ローンで述べています。※【平成25年4月2日加筆】金融円滑化法は平成25年3月末で期限となりました。住宅ローンの返済できなくなったらどうなるのか?マイホームローンの返済が出来なくなる理由はいろ...

今は金融円滑化法があり、住宅ローンの条件変更にも銀行は応じてくれやすくなっています。何故なら真摯に相談に乗ってやらないと罰則規定がありますし、金融庁の監査でも厳しくチェックされ、 最悪業務改善命令とか、一部業務停止命令が出てしまうかもしれませんので。そもそも金融円滑化法は亀井元郵政担当大臣が言い始めた事で、恐らく銀行員の方でしたら、「全く、何してくれるんだ!」と思っています。ただ、住宅ローンや事業...

住宅ローンが返せなくなった時、家が担保になっているわけだから、借金の代わりに家を差し出せば住宅ローンは返さなくても良いんじゃないですか?という質問を良く受けます。 結論から言いますと、そんなことはありません。。厳密に言えば、ノンリコース型の住宅ローンがあれば、返せなくなった時、最悪家を差し出せばそれ以上遡及される(返済を求められる)ことはありません。ちなみにアメリカのサブプライムローンなんかはこれ...

【平成21年12月13日更新】先日、平成21年度上期(4〜9月)に全国で競売にかけられた一戸建て住宅やマンションが、前年同期比46.3%増の3万180件に達したというニュースが流れました。 世界的な不況の影響で、雇用情勢が悪化。経済はデフレ進行に向かっており、年末年始にかけて二番底の懸念ありという状況です。 特に製造業では、雇用調整がなされている現状ですし、ボーナス半減などはまだ良い方で、出るだけ...

まだ住宅ローンを返済している途中で、その不動産物件を売る事はできるでしょうか?答えはできます。ただし、抵当権を抹消しなければなりません。当たり前の話ですが、不動産物件を買う人にとって、抵当権が付いたまま(担保に入ったまま)買うなんて事は嫌に決まってます。そして抵当権を抹消するためには住宅ローンを完済する必要があります。住宅ローンを全部返済して初めて抵当権を抹消できますが、残りの債務を全部返せない場...

うつ病は、今や全く珍しくない病気と言えると思います。私の周りでも、うつ病になってしまった方が結構いらっしゃいます。身内にもいますし、以前私が勤めていたところの上司だった方が、今うつ病で自宅療養しているという話を聞いて、あんな明るくて前向きな人が・・・・と信じられない気持ちでいます。私も金融機関にいた時は、いつ自分がそうなってもおかしくないな、とは思っていました。営業でしたのでノルマは厳しいですし、...

住宅ローンの返済が困難となり、今後の対応策を色々お調べでしょうか?住宅ローンの処分方法には、競売と任意売却とがあり、任売は競売よりも家が高く売れる可能性があります。任意売却とは、住宅ローンの返済ができなくなった時に、銀行などの金融機関との合意に基づいて、家を売却する事を言います。通常の売買と何が違うかと言いますと、以下のような事です。通常の売買の場合普通、ローンが残った家を売却する場合、抵当権を外...

住宅ローンの返済が行き詰まりそうな時に検討すべき事・住宅ローンを借換して金利を引き下げする。また期間を延ばして毎月(或いはボーナス返済)の負担を軽減する。・住宅ローンの他にローンがあれば、ローンをまとめて毎月(或いはボーナス返済)の負担を軽減する。です。借換が出来なければ・借りている銀行に条件変更を申し込む。という事になりますが、条件変更という事は、「返済が困難であるため、仕方なく返済できる範囲ま...