緑内障でも団信が通るか?

緑内障でも団信が通るか?

一般的に、住宅ローンは団信加入が条件となります。(フラット35の場合は条件ではありません。団信に加入しなくても借りられます。)

 

加入条件というのは、団信に加入できなければ住宅ローンが借りられないという事です。新規で申し込む場合もそうですし、借換でも新たなローンを組む際に新しく団信を申し込みますので、団信に加入できなければ借換もできないという事になります。

 

団信に申込みをして、結果は後に銀行から通知されます。その際に、承諾か、不承諾かで返答されますが、たまに、不承諾だけど再審査可能という返答が来る時があります。

 

つまりどういう事かと言いますと、医師の診断書を提出して頂ければ、再度団信加入の可否を審査しますよ、という事です。

 

私の経験から言いますと、緑内障のお客さんでしたが、団信を申し込んだところ、一旦は不承諾でしたが、医師の診断書を提出すれば再審査してくれるという事でしたので、どうするか相談したところ、診断書を提出したいと言われました。診断書作成には費用もかかりますし、また、診断書を出したところで、承諾になるという保証もありません。でもトライしたいという事でしたので診断書を作成していただきました。

 

結果は承諾となり、無事借換をすることができたのです。緑内障でも団信に加入する事ができたのです。私もなかばあきらめており、団信が通ったのには驚きましたしすごくうれしかったことを覚えています。

 

緑内障だから団信に加入できないだろうと思い込むのは早いです。おそらくは程度問題だと思います。団信の申込書を提出する際、通院の頻度、入院の経験、使用している薬の名前や使用頻度を記入しますので、そこである程度どのくらいの病状かがわかった上で、最後に医師の診断書を求めて判断しているのでしょう。

 

但し、重度の場合は当然団信には加入できないと思います。こればかりはやってみないとわかりません。また、団信に通らない可能性があるからと言って、虚偽の告知を行うのは絶対にやめてください。これは詐欺行為です。保険は下りませんし、銀行も困ります。

 

また、通常の団信よりも通りやすい、従来よりも引受範囲を拡大した団体信用生命保険「ワイド団信」というのがあります。健康上の理由から従来の団体信用生命保険への加入が認められない方でも、住宅ローンに団体信用生命保険を付保できる場合があります。ワイド団信を取り扱っている銀行は少ないですが、大手では三菱UFJ銀行、地銀では大垣共立銀行などが取り扱っています。

 

広告