銀行別 住宅ローン商品

銀行別、住宅ローン商品の特徴

下、メニュー

住宅ローンは銀行によって金利や手数料、保証料が違います。それぞれ特徴がありますので、銀行ごとの住宅ローン商品ごとに特徴、メリットやデメリットについて説明します。


銀行別 住宅ローン商品の紹介記事一覧

日銀がマイナス金利を導入して以来、住宅ローンの金利も信じられないくらい下がっています。特にネット銀行の金利が顕著で、その中でも住信SBIネット銀行が先頭を走っています。住信SBIネット銀行のMR.住宅ローンREALですが、これを書いている平成29年3月時点では、変動金利0.497%(自己資金20%以上の方)、同じく変動金利0.568%(自己資金20%未満の方)です。また、驚くべきは固定金利選択型の...

住宅ローンの借換ですが、フラット35を利用して借換する事もできます。フラット35の特徴は何と言っても長期固定金利です。今後、金利上昇があると思われるなら、借換でフラット35をチョイスするという手もあるでしょう。【フラット35とは?】まずフラット35は、どこの金融機関でも取り扱っています。フラット35というネーミングのとおり、35年間固定金利といううれしい住宅ローンです。当初の10年間とかで金利を優...

≪住信SBIネット銀行≫の住宅ローン住宅ローンの金利を一般的な銀行と、ネット銀行と比べた場合、ネット銀行の方が安いことは周知の事実ですが、その中でも最も有利な条件を出しているのが住信SBIネット銀行です。住信SBIネット銀行の「ネット専用住宅ローン」の特徴についてご紹介します。とにかく金利が低い。金利の低さは日本でトップレベル平成28年12月時点では、自己資金が20%以上の場合、変動金利で0.49...

金利などの基本スペックはこちらでご確認下さい⇒佐賀銀行住宅ローン、公式ホームページ◎ 代表的なプランの特長(2019年1月現在)代表的なプランさぎん住宅ローン「あっとほー夢」資金使途1.住宅の新築、2.土地付住宅の購入、3.マンションの購入、4.住宅の増改築、5.建築計画が決定している土地の購入、6.住宅関連設備の設置購入資金、7.上記1、4に係わる現債の住宅ローン等、8.他金融機関住宅ローンの借...

◎ イオン銀行住宅ローンの特長(2019年1月現在)資金使途ご本人がお住まいになる住宅に関する、新築・購入資金、住宅の増改築・改装資金、住宅ローンの借換資金、住宅の増改築・改装資金および住宅ローンの借換に伴う資金諸費用 期間1年以上35年以内。借換の場合は、対象となる住宅ローンの残存期間の範囲内。金利方式変動金利。固定金利特約締結により、2年、3年、5年、7年、10年固定にする事ができる。保証料不...

金利などの基本スペックはこちらで確認願います。⇒足利銀行住宅ローン、公式ホームページ◎ 代表的なプランの特長(2019年1月現在)代表的なプラン暮らし上手資金使途建物の新築、増改築、購入、土地購入、造成、またそれに伴うシステムキッチン、ソーラーシステムなどの設備資金、インテリア、造園などのエクステリア、借換など期間1年以上、35年以内金利方式固定金利選択型、全期間固定、変動保証料必要。一括払いと銀...

金利などの基本スペックはこちら⇒北海道銀行住宅ローン、公式ホームページ◎ 代表的なプランの特長(2019年1月現在)代表的なプラン道銀住宅ローン資金使途住宅新築・購入資金、分譲マンション購入、増改築資金、中古住宅・マンション購入資金、住宅用土地購入資金、付帯工事費(門・塀、ロードヒーティング、造園、物置、車庫など)、諸費用(消費税・仲介手数料・長期火災保険料・保証料・事務手数料など)期間2年以上3...

金利などの基本スペックはこちら⇒鹿児島銀行住宅ローン、公式ホームページ◎ 代表的なプランの特長(2019年1月現在)代表的なプランかぎんの住宅ローン(プロパーコース)資金使途ご本人がお住まいになる、居住用の住宅(中古物件を含む)・宅地の購入(5年以内に住宅を新築すること)、家屋の新築・増改築、借換資金、家具・電化製品・インテリア用品等の購入資金・解体工事費・その他の付帯工事費等期間3年以上35年以...

page top