住宅ローンの審査期間を短くする方法!

住宅ローンの審査期間を短くする方法

住宅ローンの審査期間を短くする方法は、住宅ローンの一括審査の申込みサービスを展開している、住宅本舗から一括申込みする事です。
矢印住宅ローンを賢く選ぶための一括審査申し込みサイト

 

矢印

 

住宅ローンの一括申込みサービスとは、住宅本舗が厳選した、金利、諸経費が安くて人気の住宅ローン、例えば住信SBIネット銀行の商品とか、ソニー銀行の商品とかに無料で一括申込みができるというサービスです。メリットは、一回の入力で済むため、銀行ごとに申込みの入力をする必要がありません。

 

通常、融資の審査方法は、各銀行、金融機関によって違います。ですから、極端な話、審査が通る銀行もあれば通らない銀行もあります。また、保証人や追加担保を条件として付けてくる銀行もあれば、借入希望額の満額で通る銀行もありますし、減額回答の銀行もあるでしょう。要するに、審査が通るかどうかなんて、出してみないとわからないのです。

 

そこで、普通なら、まず一つ目の銀行で住宅ローンを申し込んだ、2週間くらい経ってから、謝絶された、それからまた次の銀行へ・・・・なんていう事を繰り返していたら、3カ月も4カ月もかかってしまうに違いありません。

 

ですから、住宅ローンの審査期間が気になっている方、住宅ローンの審査期間を短くしたい方には、住宅ローン一括申し込みサービスを利用するととても便利かと思います。複数行への一括申込みですから、他行の手前もありますので、審査結果を早めに教えてくれますよ。

 

また、住宅ローンって、普通は建築業者や不動産屋から斡旋されるケースが多いと思いますが、果たしてそれがベストかどうかはわかりません。建築業者や不動産屋は、とにかく融資さえ下りればどこでも良い、と基本的にそう思っているはずです。(現役時代に業者さんがそうおっしゃっていたのを聞いていますから間違いないです。)融資さえつけば、自分ところは売って終わりですから。

 

不動産屋と金融機関との提携ローンで条件が良いよと言われるかもしれませんが、やはり、複数行で比べてみるのがベストですよね。なんて言ったって、何十万円、下手すれば何百万円も違ってきますから。特に、ソニー銀行、楽天銀行、住信SBI銀行などのネット銀行などはあまりなじみがなく、自分だけでは考えもしない金融機関かもしれません。そういったところも含め、候補にすることが、簡単にできるのはメリットが大きいと思います。

 

広告