ARUHIのフラット35で借換する

フラット35で借換をするならARUHI(旧 SBIモーゲージ)

住宅ローンの借換ですが、フラット35を利用して借換する事もできます。フラット35の特徴は何と言っても長期固定金利です。今後、金利上昇があると思われるなら、借換でフラット35をチョイスするという手もあるでしょう。

【フラット35とは?】
まずフラット35は、どこの金融機関でも取り扱っています。フラット35というネーミングのとおり、35年間固定金利といううれしい住宅ローンです。当初の10年間とかで金利を優遇していたりします。住宅金融支援機構という特殊法人が、銀行が顧客に貸した債権を買い取りするという仕組みです。取り扱い銀行によって、金利などの条件がまちまちであり、フラット35ならどこでも同じ条件というわけではありません。

今後金利上昇するならば、フラット35は大変有利な住宅ローン商品だという事になります。仕組みとしては、各銀行がお客さんに対して住宅資金を融資するのですが、その融資(債権)を住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)が買い取る事になります。つまり、手続きは銀行が行って、銀行はその債権を機構に売り払ってしまいますので、お客さんは機構にお金を返済していくという事になります。また、特徴として、審査が緩和的であると言えます。住宅ローンの審査が通らなくてもフラット35なら通ったという方もかなりいらっしゃると思います。借換をしようとしてよその銀行で審査が通らなかった人には特におすすめです。

 

また、団信が謝絶されて、銀行の住宅ローンが取り組めない場合も、フラット35なら団信の加入が条件ではないので、フラット35を申し込むことができます。 また、重要なのは、同じフラット35でも、金利や手数料などの条件は申し込む銀行によって異なります。 私がおすすめしたいのは、ARUHI(旧 SBIモーゲージ)のフラット35です。

 

ARUHI(旧 SBIモーゲージ)、借換メリットの査定(無料)はこちらからどうぞ

 

ARUHIのフラット35のメリットとは?

 

■ 住宅ローンの借換にも利用できます。
住宅ローンの借換でも利用できます。他の銀行の住宅ローン以外にも、今利用中のフラット35の借換をする事もできます。

 

■ 長期固定金利でローンが組める
長期固定金利で住宅ローンが組める事がフラット35の大きなメリットと言えます。借換の場合の融資期間は、35年から当初ご購入時からお申し込み時までの経過年数を引いた年数(1年未満切り上げ)です。当初30年返済で10年経過した時に借換しようと思った場合、融資期間は35年−10年=(最長)25年となります。この例のように場合によっては、本来なら残存期間20年のところを25年に延ばす事ができます。

 

■ 諸費用も含めて借りる事ができます。
住宅ローンを借りると何かと諸費用がかかります。事務手数料、保証料、抵当権設定費用、団信保険料などです。ARUHIのフラット35はそういった諸費用も含めて借りる事ができます。ARUHIの融資条件には『現在お借入中の住宅ローン残高および一部の諸費用の合計額以内または住宅金融支援機構の担保評価の200%以内のいずれか低い方まで。 』とあります。銀行によっては、資金使途に諸費用を含める事が出来ない場合があります。その場合、諸費用ローンなどという金利の高い消費者ローンを借りなければならなかったりしますが、ARUHIのフラット35はその心配はありません。

 

■ 保証料が無料
SBI住宅ローンのフラット35は保証料が無料です。

 

■ 金利水準の安さが魅力です。
とにかく、SBI住宅ローンのフラット35は金利の安さが魅力です。フラット35の実行件数のシェアでトップであり人気が裏付けられてます。

 

■ 審査が通りやすい
これはARUHIのフラット35だけではなくて、フラット35全般に言える事ですが、審査が通りやすいです。銀行の住宅ローンの審査が通らなかった人は一度申し込んでみてください。私も銀行に勤務していた時、銀行の住宅ローンの審査に落ちた人でも、フラット35は承諾となった人はいっぱいいましたので。外国人の方も通っていましたのでよほど通りやすいと思います。

 

ARUHIのフラット35のデメリットとは?

 

■ 団信の保険料が必要

 

ARUHIのフラット35に限りませんが、フラット35の場合、団信の保険料は自己負担です。一般的な銀行の住宅ローンの場合、団信の保険料は無料のところが多いはずです。但し、団信の加入は任意なので、団信に加入しなくてもローンを組む事が出来る事はメリットと言えるかもしれません。団信否決で住宅ローンが組めなかった人も、住宅ローンが組めますので。

 

■ 事務手数料が、スタンダードタイプの場合、融資金額の2.0%(消費税別)で最低事務手数料200,000円(消費税別)と高い。仮に3千万円借りた場合、スタンダードタイプの事務手数料は、60万円+消費税です。

 

また、契約書を交わす時に申込人と保証人の来店が必要となりますが、SBIマネープラザは全国で100店舗以上ありますので、 SBIモーゲージの公式サイトでチェックしてみてください。

 

ARUHI(旧 SBIモーゲージ)、借換メリットの査定(無料)はこちらからどうぞ

 

広告