住宅ローン わからない

住宅ローンの事がよくわからないあなたへ、ざっくり解説

女性

 

住宅ローンってどんなローン?担保?保証料?ちょっと友人から聞いたんだけど、よくわからない・・・。というあなたへ。

 

住宅ローンについて、だいたいこんなものだよ、というイメージをつかんでいただくために、ざっくりと解説してみましょう。

 

まず第一に、住宅ローンとは、家を建てる、家を建てるための土地を買う、マンションを買う、中古住宅を買う、リフォームする、住宅ローンの借換をする、またはそれらの諸費用に資金を利用するためのローンです。

 

どこで借りるか?

 

銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫、農協などの金融機関です。お取引している銀行に聞いてみると良いでしょう。住宅ローンは金利や手数料などの条件が、金融機関によってそれぞれ違います。お取引をしていない銀行でも、もちろん相談に乗ってくれますし、今はネット専用銀行や、イオン銀行やゆうちょ銀行も住宅ローンを扱っています。色々情報を集めて、より有利な住宅ローンを選んだ方が良いと思います。

 

住宅ローンの種類

 

住宅ローンの種類は大きくわけて二種類です。金融機関が独自で出している、住宅ローンと、フラット35です。何が違うか?と言いますと、銀行が独自商品として出している、いわゆる普通の住宅ローンは、その銀行が債務者に対してお金を貸付けます。それに対し、フラット35は、その銀行が貸付けた債権を、住宅金融支援機構が買取りするという仕組みです。まぁ、借りている人にとったらどっちでも良いという話です。
フラット35については後述しますので、まずは一般的な住宅ローンの話をします。

 

一般的な住宅ローンも、大まかに二種類があると言っていいと思います。それは保証付住宅ローンと、保証が付いていない住宅ローンです。

 

保証付住宅ローンとは何か?

 

基本的な考え方ですが、銀行からお金を借りようとすると、担保や保証人が必要となります。じゃあ住宅ローンを借りるのに、誰か保証人になってくれる人いないかな?と思ったときに、果たして保証人になってくれと頼める人がいらっしゃいますか?何千万円の借金の保証人ですので、例え身内だったとしても頼みづらいというのが人情でしょう。そんな時に、です。何と保証会社というのがありまして、わかりやすく言うと、ここがあなたの保証人となってくれるわけなんです。その代り、只で保証人になってくれるはずもありません。そこで、いくらかの保証料というものを、保証会社にお支払いするわけです。そうです。これが保証料です。

 

保証料を支払うのがもったいないという場合、保証会社に頼ることなく、それこそ連帯保証人になってくれる人がいらっしゃったら、保証付でない住宅ローンでも申込みできるかとは思いますが、その場合、銀行から見て連帯保証人に保証するだけの能力があるか?という審査も当然ありますし、そもそも手数料やら金利やら、条件が色々違ってくると思いますので注意が必要です。

 

広告

 

担保って?

 

その住宅ローンの対象となる不動産物件に対して、原則第一順位の抵当権を設定します。つまり土地、建物は銀行(あるいは保証会社)の担保となります。いつ設定するか?それは住宅ローンの実行日(お金を借りた日)と同日設定されます。設定はあなたが委任状を書いて、司法書士が設定します。お金を借りた日と担保の設定が同時にされるわけですね。当然費用がかかります。抵当権設定にかかる費用は、印紙代が抵当権設定金額の4/1000、あと司法書士への手数料ですが、これも自由化されてますので、司法書士によっては若干の高い安いがあります。知り合いがいたらそちらにお願いする方が良いと思います。また、登記関係は抵当権設定だけで済むのは借換の時くらいで、売買の場合は所有権移転登記、債務者の住所変更登記が必要ですし、家を新築した場合は所有権保存登記など、他の登記もからんできますので、抵当権設定登記だけの費用では収まらないと思います。また、住宅ローンを完済した後の抵当権の抹消登記も、当然自己負担です。

 

住宅ローンにかかる費用って?

 

住宅ローンそのものにかかる費用としては、まずは事務手数料、そして先ほど述べた保証料、抵当権設定登記などの登記費用が必要です。あとは、印鑑証明書やら住民票などを取得する費用、また、契約書に貼る印紙代です。団体信用生命保険(後述)の保険料は銀行負担となりますが、3大疾病などを付けたりすると、金利に費用分が上乗せされたりする仕組みのところが多いです。

 

住宅ローンには保険が付いている?

 

一般的な住宅ローンには団体信用生命保険加入が条件、というのが殆どです。どういうことかと言いますと、銀行が契約者(保険料を支払う人)となり、債務者が被保険者(保険の対象となる人)となって、もし債務者が死亡したりした場合、銀行が保険金を受け取って債務の返済に充てます。銀行がお客さんに生命保険をかけるわけですね。だから保険料の支払いは発生しません。

 

ただし、フラット35は団信加入は任意で、保険料は自己負担となります。

 

住宅ローンの金利は?

 

この記事を書いている平成27年6月現在、長期金利は史上最低レベルで住宅ローンの金利も非常に安くなっています。
住宅ローンの金利方式についてですが、大きく分けて3つです。変動金利、固定金利、固定金利選択型です。変動金利は半年に一回利率が変わります。固定金利の場合、最終まで金利が変わりませんが、金利が高く設定してあります。もっとも多いのが固定金利選択型で、よく5年固定、10年固定などという広告を見られたかもしれませんが、例えば10年固定なら、借入期間が30年であった場合、当初の10年間は固定金利です。10年経った時に、また金利を見直しします。見直し時、変動金利か、または再度、5年間とか10年間とかの固定期間を設定する事ができます。

 

どうやって借りるの?

 

金融機関の窓口や、またはネットで申し込むことができます。流れとしては、事前審査⇒本審査⇒契約書作成⇒融資実行となります。

 

借換も、新築も、購入も!
一番有利な住宅ローンを探したい方は、複数の銀行の住宅ローンを比較できる、住宅ローン一括審査申込サービスがおすすめです。住宅本舗では、日本でも指折りの好条件を出しているネット銀行なども含め、適切な住宅ローンを紹介してくれます。


右をクリック【住宅本舗】の住宅ローン一括審査申込はこちら