子供の教育費にお金がかかり過ぎ!住宅ローン、借換で期間を延ばしませんか?

住宅ローンの期間を延ばして返済を楽にしたい!

お子さんが小中学生の内ならまだ良いのですが、高校、大学へ進学ともなると、教育費用がかなり嵩んできます。塾代も高いですし、部活動でしたら県外への遠征なども今や当たり前ですし、本当にお金がいくらあっても足らないくらいですよね。でも、お子さんが行きたいと言った進路があるなら、できるだけ進ませてやりたいというのが親の気持ちと言うものです。私にも現在中一の娘と高二の息子がおりますが、何とか通いで国公立大学に入ってくれる事を願ってます。が、受かったところへ行くしかないのでこればっかりはどうしようもないですね。私立で理系で下宿なんて言われると、大学1年目には250万円〜300万円くらいは余裕で出ていきそうな気がします。そう思うと今からゾッとしますね(笑。

 

そちらにお金がかかるようになってくると、最初は楽だった住宅ローンの返済が厳しくなってきます。今や市場金利は過去最低の水準ですし、借換する事で返済方法の見直しを図るのは良い事だと思いますが、毎月の返済額を更に落とすために期間を延ばすという方法もありかと思います。

 

通常、借換する場合、返済期間を変えないか、短くします。返済期間を変えない場合、金利が低い住宅ローンに借換えれば、単純に返済額が少なくなります。また、期間を短くする場合は、金利が下がった分、期間を短くしても返済額が変わらない水準にするか、単純に短くした方が支払利息は安く済むので、返済額が増えても早く返したい時です。

 

それとは逆に、返済期間を今のローンよりも長くするのは、長くした分は支払利息がかさんでしまいますが、それでも毎月の返済額を少なくする事を優先すべきです。

 

広告

借換で期間を延ばせる住宅ローン

しかし、借換で期間を延ばす事ができる住宅ローンは少ないと思います。私が以前勤めていた銀行の住宅ローンでは対応できませんでした。何故かと言うと、

 

期間を延ばす事=返済が苦しいから条件変更(リスケ)する事

 

と、いう事だからです。つまり、あなたがA銀行で住宅ローンがあった場合、それを借換しようと思ってB銀行に相談しに行った。B銀行の行員に借換と同時に期間を延ばして欲しいと言ったとします。そうするとB銀行の行員は以下のように思うかもしれません。

 

・この人は現在返済が苦しいから期間を延ばしたい、と言っている。
・返済が苦しくて期間を延ばしたいのなら、A銀行で条件変更すべき案件だ。
・A銀行でリスケすべき住宅ローンを、わざわざA銀行から肩代わりする必要はない。

 

基本的にはこういう考え方のはずです。ですから、殆どの住宅ローンでは従前の住宅ローンの期間を延ばす事はできないのです。

 

但し、借換により期間を延ばす事ができる住宅ローンも存在するのです。借換で期間を延ばせる住宅ローン商品は少ないです。

 

その1 住信SBIネット銀行のネット専用住宅ローン

 

住信SBIネット銀行の、ネット専用住宅ローン借換えの借入期間の上限は、35年から経過期間(借換対象となる住宅ローン借入日から、ネット専用住宅ローンで借換の実行予定日までの期間を差し引いた期間)です。と、いうことは、当初の住宅ローンの借入期間が35年だった場合は期間を延ばす事ができません。

 

住信SBIネット銀行の公式ページです。こちらにどれくらい延ばせるかの例が記載されています。⇒ 住宅ローンの「借換え」で「借入期間」を延ばせる場合があります!

 

住信SBIネット銀行の公式ページはこちら⇒住信SBIネット銀行のネット専用住宅ローン

 

その2 新生銀行のパワースマート住宅ローン

 

こちらも当サイトで何度か紹介しておりますが、こちらは何と完済時が80歳未満なら、最長35年まで持っていけるという商品です。融資期間については一番条件的には緩いですね。

 

新生銀行の公式ページです。⇒【住宅ローン】現在、他行で借り入れ中の住宅ローンよりも、期間を延ばして借り換えできますか?

 

新生銀行の公式ページはこちら⇒新生銀行のパワースマート住宅ローン

 

その3 ARUHIのフラット35

 

アルヒのフラット35の場合、借換による融資期間は、15年以上で、35年−「当初の住宅ローンの経過年数(1年未満切り上げ)」以内、最終返済時年齢80歳未満。申し込み本人の年齢が60歳以上の場合にのみ、ご融資期間10年以上14年以下の設定も可。となっています。ARUHIフラット35のご融資条件はこちらで確認できます。

 

 

ARUHI フラット35も、住信SBIと同じような条件で、当初の住宅ローンが35年で組んであった場合は上記式にあてはめると期間を延ばす事はできません。また、フラット35は銀行が顧客に対しお金を貸付け、その債権を証券化し、それを住宅金融支援機構が買い取るという仕組みなのですが、何が言いたいかと言うと、一口にフラット35と言っても銀行によって金利、手数料などが違うのです。

 

機構の公式ホームページにはこう書かれてあります。

 

取扱金融機関によっては、返済期間が「35年」−「住宅取得時にお借入れになった住宅ローンの経過期間(1年未満切り上げ)」によらない場合がありますので、お申込みされる取扱金融機関にご確認ください。

 

ARUHIの場合はその点は大丈夫です。

 

ARUHIの公式ページはこちら⇒ARUHI フラット35

 

広告

 

借換も、新築も、購入も!
一番有利な住宅ローンを探したい方は、複数の銀行の住宅ローンを比較できる、住宅ローン一括審査申込サービスがおすすめです。住宅本舗では、日本でも指折りの好条件を出しているネット銀行なども含め、適切な住宅ローンを紹介してくれます。


右をクリック【住宅本舗】の住宅ローン一括審査申込はこちら