住宅ローンを複数の銀行に申し込んでも良いか?

住宅ローンを複数の銀行に申し込んで良いか?

住宅ローン


ネットで住宅ローンはどこが良いのかなと調べていると、良さそうな住宅ローンが結構見つかりますよね。そういう時に、疑問に思うのが、住宅ローンの申し込みは、一つの銀行に対してしかできないのか?それとも2つも3つも申し込んで良いのか?という事です。

 

結論を先に申し上げますと、いくつかの銀行に申し込んでも全然かまいません。と、言いますのも、A銀行では住宅ローンの審査が下りたが、B銀行では断られた、とか、A銀行は申し込み金額の満額で審査が下りたが、B銀行では減額されて下りた、とか、とにかく申込みを上げてみないと、そもそも借りられるかどうかもわかりません。ですから、最初から複数の銀行で申し込みを上げるのは普通の事だと思います。よほど、今メインで取引している銀行が便利だからと言って、取引している銀行一本に絞って申し込んでも良いかと思いますが、そこで満足な条件が得られない場合もやはり他の銀行で申込みをする事になるでしょう。

 

広告

 

仮にA銀行、B銀行、C銀行の3行に住宅ローンを申し込んで、仮に3行全部審査が通った場合はどうするか?ですが、その中の一番有利だと思う銀行で契約を結んだら良いだけの話です。住宅ローンの契約は、実行前に金銭消費貸借証書とか、抵当権設定契約書とか、保証委託契約書とか、そういった契約書に加えて印鑑証明書も必要ですし、とにかく住宅ローンを申し込んだからと言って、契約書を結ばない限りは実行ができませんので、申し込んで審査が通ったからと言って(銀行からは強く借りてくれと言われると思いますが)、絶対にそこで借りなければいけないというものではありません。借りる借りないの意思決定は、当然借り手にあるわけですから。

 

私も銀行員時代、借換でも新築、購入でも、他行との競合はしょっちゅうでした。住宅ローンの相談にいらっしゃったお客さんに、「実はよその銀行でも事前申し込みをしています。どっちで借りるかは私にとって有利な方でと考えています。」という声をよくうかがっておりました。こちらで住宅ローンの審査を通しても、他行に取られたケースは結構ありました。他行と競合している事を伝えると、銀行によっては、より有利な条件が引き出せる可能性があると思います。それは他の商売でも同じでしょう。

 

あとひとつ、他の銀行と競合している事を、銀行に知られたくないという事もあるかもしれませんが、銀行の方で個人信用情報を取ると、他行から個人信用情報が取得された日付がわかるので、申込み2行目、3行目の銀行では、他行でも住宅ローンを申し込んでいるのを薄々勘付いています。短期間のうちに個人信用情報が取得される事は普通ではそんなにない事なので。

 

広告

 

借換も、新築も、購入も!
一番有利な住宅ローンを探したい方は、複数の銀行の住宅ローンを比較できる、住宅ローン一括審査申込サービスがおすすめです。住宅本舗では、日本でも指折りの好条件を出しているネット銀行なども含め、適切な住宅ローンを紹介してくれます。


右をクリック【住宅本舗】の住宅ローン一括審査申込はこちら