口座がない銀行で住宅ローンは借りれるのか?

口座がない銀行で住宅ローンは借りれるのか?

住宅ローン

口座のない銀行で住宅ローンは借りられるのでしょうか?答えはもちろん借りられます。口座のない銀行にとってみれば、新規の顧客ですのでウェルカムに決まっています。しかし、心配なのは、口座のない銀行で住宅ローンの審査が通るのか?やはり口座のある銀行の方が住宅ローンの審査は通りやすいのではないか?ということではないでしょうか?

 

もしも、あなたがいつも利用している銀行で、お給料の受け取りや、電気代、電話代、ガス代やクレジットカードの引き落としなどの取引をしていた場合、その銀行に住宅ローンを申し込んだら、銀行にとっては審査がやりやすいでしょう。メインで使っている口座の流れがわかるからです。住宅ローンの審査では、収入がどれくらい入ってくるか?も重要ですが、どれくらいお金が出ていくのか?というのも審査のポイントとしては非常に重要な要素であると思います。高利貸しでお金を借りていないか?とか、多重債務者ではないか?多額のクレジットカードの請求が継続的にある場合は、ひょっとしてこの人は浪費癖があるのではないか?と審査する側は疑った目で見ます。

 

メインの口座を見て、何も問題がなければ、審査する側としても安心できます。基本的には収入よりも支出が少なく、口座のお金がだんだん増えていっている場合とかならプラスポイントとなるでしょう。また、「今まで給与振込、口座振替などのお取引をしていただいている顧客なので、住宅ローンの審査を是非通したい。」と私が担当者ならそうやって意見書を出します。メイン銀行で住宅ローンを申し込んだ場合、そうでない銀行よりも住宅ローンの審査は通りやすいと言えます。

 

広告

 

では逆に、その他の、今まで取引したことがない銀行だと審査が通りにくいかというと、それも全くそんなことはありません。書類上、問題がなければ普通に審査が通ってしまうでしょう。また、銀行によっては、普段あなたが他の銀行でどのような取引をしているか知りたいという場合もあるかと思います。その場合、今メインで利用している口座のコピー一年分くらいの提出を求められることもあるかと思いますがその場合は見せてやれば良いのです。そしてもし、給与振込をその銀行に移せることができるのなら、もし私が担当者なら、「住宅ローンを取り組むことによって、今他行でやっている、給与振込、口座振替の獲得などを獲得でき、メイン化を図ることができますので、住宅ローンの審査を是非通したい。」と書きます。

 

以上より、住宅ローンが通る人は、どこへ出しても通ります。但し、これは私見ですが、通るか通らないか微妙な人、例えば勤続年数が規定よりも短かったり、所得が少なかったりする方などは、給与振込があるメイン銀行の方が住宅ローンは通る可能性は高いと思います。どのみち住宅ローンは複数行に申し込んでも良いわけですから、いくつかの銀行に申し込んでみるのが良いでしょう。

 

広告

 

借換も、新築も、購入も!
一番有利な住宅ローンを探したい方は、複数の銀行の住宅ローンを比較できる、住宅ローン一括審査申込サービスがおすすめです。住宅本舗では、日本でも指折りの好条件を出しているネット銀行なども含め、適切な住宅ローンを紹介してくれます。


右をクリック【住宅本舗】の住宅ローン一括審査申込はこちら